UVケア

髪の毛にもUVケアを!正しい方法とおすすめのUVケア商品を紹介

夏本番!降り注ぐ紫外線は、顔や手足だけではなく、髪の毛にもダメージを与えてしまっています。外出後、髪がパサついているなと思ったり、髪の毛の色が抜けてきたかも、と思ったことはありませんか?実は、紫外線ダメージによるものかもしれません。髪の毛もUVケアをしっかりして、サラサラ美髪を保ちましょう。

今回は、紫外線が髪の毛に与えるダメージをご説明した後、おすすめのUVケアグッズをご紹介します。トリートメントタイプや、濃密ヘアマスク、スプレータイプなど、様々なタイプに分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださね。

髪の毛のUVケアが必要なワケ

女の子,女性,ピアス,黄色

顔や手足は、日焼けをすると赤くなったり、黒くなってしまったりしますが、髪の毛にはどんな影響があるのでしょうか。そしてなぜ、髪の毛にもUVケアが必要なのか、そのワケをご説明します。

髪へは肌の3倍以上の紫外線が降り注ぐ

髪の毛に降り注いでいる紫外線の量は、肌に降り注いでいる紫外線の量の実に3倍以上であると言われています。夏の暑い日、顔や手足だけのUVケアで外出すると、髪がたくさんの紫外線ダメージを受けてしまうのも納得ですよね。手足だけに日焼け止めを塗って外出しがちですが、髪の毛には、肌以上にUVケアが必要です。

紫外線ダメージで切れ毛や枝毛が発生

髪の毛が紫外線を浴びると、髪を作っている成分のひとつ「ケラチン」と呼ばれるタンパク質がダメージを受けてしまいます。そうすると、髪が乾燥し、抜け毛や切れ毛ができてしまうのです。髪の乾燥は、髪自体を弱くしてしまいます。

色が薄くなったりツヤがなくなる

紫外線は、髪の毛の色を作っている「メラニン色素」も分解してしまいます。そのため、髪の毛が紫外線ダメージを受けると、髪の色が薄くなってしまったり、光にあたったときに白っぽく見えたりします。

また、乾燥によりツヤがなくなってしまうので、髪の毛の色が抜け落ちてパサパサしているような印象を与えてしまいます

頭皮へのダメージで毛根が傷む

髪へのダメージで忘れてはいけないのが、頭皮へのダメージです。髪の毛に覆われている頭皮ですが、肌と同じように日焼けをします。そうすると、赤く腫れてしまったり、黒く焼けてしまうことがあります。このように、頭皮がダメージを受けて日焼け・乾燥をしてしまうと、毛根が傷み、これから生えてくる髪の毛へも影響を及ぼします

髪の毛へのUVケア方法

女性,女の子,ピアス,イヤリング

髪の毛への紫外線対策にはさまざまな方法があります。その中でも、簡単でおすすめな方法をご紹介します。これらのUVケア方法を併用すると、さらに効果が期待できますので、参考にしてみてくださいね。

外出時に帽子や日傘を活用する

外出するときに、帽子や日傘を活用することで、髪の毛に降り注ぐ紫外線をカットすることができます。特に日傘は、肌への紫外線もカットしてくれるのでおすすめです。

外出するときに帽子をかぶるか、日傘を持っていくだけなので、簡単に実践することができますよね。ファッションの一つとして取り入れられるので、忙しい日でもできるでしょう。

日差しが強い時間帯は外出しない

紫外線の降り注ぐ量は、一日のうちで午前10時頃から午後2時頃までがピークと言われています。そのため、その時間帯の外出を避けることで、紫外線を浴びてしまう量を減らすことができます。

特に6月から8月は、紫外線の量が多いので、この時間帯の外出を避けると良いでしょう。買い物など外出が必要なときは、午前中のうちに済ませてしまったり、夕方、少し涼しくなってきてからにしてみてはいかがでしょうか。

髪の分け目を変える

髪の毛の分け目を変えることで、頭皮の紫外線ダメージを分散させることができます。髪の毛の分け目を変えたときに、前の分け目と比較してみると、前の分け目が日焼けしていることに気がつくと思います。

室内にいることが多く、紫外線を浴びていないと思っていても、洗濯物を干したり、少し買い物に出たりするだけでも紫外線を浴びてしまっているのです。また、紫外線はガラスをすり抜けてしまうので、窓を閉め切って室内にいても、紫外線は浴びてしまっています

家の中でもずっと、帽子をかぶっているわけにはいかないので、たまに髪の毛の分け目を変えてみると良いでしょう。

UVケアトリートメントやスプレーを活用する

今回、一番オススメするのが、このUVケアトリートメントや、UVケアスプレーを活用する方法です。UVケアトリートメントは、紫外線をカットしてくれるだけではなく、髪の毛を保湿してくれたり、ダメージケアをしてくれます。スプレータイプであれば、髪の毛に塗るのも簡単にできるので、試してみてはいかがでしょうか。

【おすすめ】髪の毛のUVケアグッズ

女性,女の子,茶

おすすめのUVケアグッズを、シャンプーやトリートメント、UVケアスプレー、濃密ヘアマスクの3つに分けてご紹介します。自分の生活スタイルや、髪の悩み、髪質にあった物を探してみましょう

また、併用することで、さらに効果が期待できます。髪へのダメージが気になる人は、これらを併用してみましょう。

UVケアシャンプー・トリートメント(コンディショナー)

UVケアできるシャンプーやトリートメントは、保湿力の高いもの、ダメージ補修成分が入っているもの、洗い流さないタイプがおすすめです。また、頭皮に優しい物を選ぶのであれば、シリコンフリーや、弱酸性であることも大切なポイントですね。おすすめの商品を3つご紹介します。

オルビス(ORBIS) スカルプイズム シャンプー&コンディショナー

ボリュームのある泡で、頭皮の余分な皮脂や老廃物を絡め取り、すっきりとした頭皮に仕上げてくれます。フケやかゆみを防ぐ、ピロクトンオラミン・グリチルリチン酸ジカリウム配合。頭皮を柔らかくしてくれる保湿成分、マシュマロスカルコンプレックス配合。シリコンフリー。

頭皮から毛先まで包み込むタイプのコンディショナー。頭皮から毛先まで、うるおいやハリ・ツヤ成分をしっかり浸透させます。無香料・無着色。参加しやすい油分不使用。清涼成分、メントール配合。シリコンフリー。弱酸性。

(出典:ORBIS

ミルボン ディーセス エルジューダ サントリートメント エマルジョン

SPF25・PA+++。バオバブエキス配合で、毛髪内部に浸透し潤い感に満ちた髪にしてくれます。毛髪補修成分配合。120gの大容量で、ロングヘアーも安心。

(出典:MILBON

オリオセタ オイル トリートメント ファインヘア 新パッケージ

洗い流さないタイプのトリートメントで、浸透性の高いオーガニックアルガンオイルとオーガニック亜麻仁油が、髪の内部に栄養を届けます。ベタツキ感や重さがないため、根本から毛先までケアできます。

(出典:OLIOSETA)

UVケアスプレー

UVケアスプレーは、出かける前にスプレーして髪になじませるものなので、大変便利です。特に、ロングヘアーの方は、クリームタイプでは髪全体になじませるのが一苦労なので、スプレータイプがおすすめです。私がおすすめする商品を3点ご紹介します。

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア

SPF50+・PA++++で、高レベルのUVカット。香水のように香りも変化していくので、香水の代わりとしても使えます。髪だけではなく、肌にも使用できます。

(出典:MIEUFA

ラサーナ 海藻 UVスプレー

ラサーナ 海藻 UVスプレー

詳細ページ公式ページ

SPF20・PA++で、海藻エキスを含む低刺激な保湿成分配合。甘く上品なジャスミンの香り。期間限定でローズの香りも登場。

アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター

SPF50+・PA++++で、顔にも髪にも使えるUVスプレー。80分間の水浴テストで耐水性も確認されています。海などのレジャーに出かけるときは、これがおすすめ。

濃密ヘアマスク

濃密ヘアマスクは、髪の状態に合わせて選ぶことが大切です。日焼けによる乾燥が気になる人なら、アルガンオイルやホホバオイルなどの植物性オイル配合のものをおすすめします。また、日焼けによるダメージを補修したいなら、ケラチンや、パンテノールが配合されているものがおすすめです。自分の髪の悩みにあった物を探してみてくださいね。

モイスト・ダイアン ヘアトリートメントマスク エクストラダメージリペア

アルガンオイルなどの植物性オイル配合で、保湿してくれます。また、ケラチンも配合されているので、ダメージを受けた髪の補修もしてくれます。シリコンが含まれているので、しっかりとしたまとまりのある仕上がりになります。

ボタニスト ボタニカルヘアマスク

CMで話題になったボタニストから発売されているボタニカルヘアマスク。紫外線や乾燥による髪へのダメージを補修してくれます。同じくボタニストから販売されているシャンプーやトリートメントと併用すると、サラサラでまとまりの髪にしてくれます。

イオ ディープマスク

多くの美容室でも使用されているイオのディープマスク。ダメージが気になる髪を、集中的にケアしてくれます。一週間に1回~2回の使用がおすすめ。フルーティーローズグリーンの香り。

髪の毛のUVケアグッズの使い方

それぞれのUVケアグッズは、メーカーが推奨している用法用量を守って使用することで、効果が期待できます。これらの基本的な使用方法についてご説明しますが、詳しい使い方は、商品を確認してみてくださいね。

トリートメントタイプの使い方

トリートメントタイプのものは、夜、お風呂から上がったあとに使うものが一般的です。髪をタオルドライした後、自分の髪の長さに適した量を手に取り、髪の毛先から十分に伸ばした後、ドライヤーで乾かします

毛先は、ドライヤーで乾かしながら少し多めにつけても良いでしょう。この際、髪の毛が乾いていても大丈夫です。髪の毛が塗れていると傷みやすいので、しっかり乾かすようにしましょう。

スプレータイプの使い方

スプレータイプは、外出する前に塗るものが一般的です。クリームタイプの肌に塗る日焼け止めよりは、落ちやすいので、外にいる時間が長いときは、持ち運んでこまめにスプレーをかけなおすと良いでしょう。スプレータイプのものは、炎天下においておくのは危険なので、持ち運ぶときは注意しましょう。

濃密ヘアマスクの使い方

濃密ヘアマスクは、UVケアをしていても、どうしても受けてしまった紫外線ダメージをリカバーするのに効果的です。外出頻度にもよりますが、週に2~3回、集中的に使うと良いでしょう。濃密ヘアマスクは、UVケアトリートメントや、UVケアスプレーと併用することがおすすめです。

髪の毛もUVケアでサラサラ美髪に

紫外線が髪の毛に与える影響から、おすすめのUVケア商品までご紹介しました。髪の毛も、正しいUVケアで、サラサラ美髪を目指しましょう!

ABOUT ME
mika
mika
好きなことで生きるをモットーに、興味があることを発信中。ゲームが大好きな、ひきこもりフリーランス。23歳。