ヘアケア

髪を綺麗に保つ方法はこれ!インバスケとアウトバスケア!

ココナッツ,フルーツ,オイル,食べ物
こんにちは!
megane-chanです!
 
「あ、あの人髪の毛が綺麗!」そう思った経験はありませんか?
女性にとって髪は命とも言えるのではないでしょうか。
 
男性目線でも、髪の毛が綺麗な女性に目を奪われることも多いはず…
 
「でも、なかなか髪の毛を綺麗に保てない…」
「美容室には毎回行けない…」
 
大丈夫です!
自宅で気軽にできるお手入れの方法を今回はご紹介します◎
 

 
 

インバスケで綺麗な髪を!

 
お風呂
 
インバスケア」と「アウトバスケア」という言葉は知っていますか?
 
インバスケアとは”in bath care” つまり、お風呂場やバスルームで行うヘアケアのことです。
アウトバスケアとは”out bath care”つまり、お風呂場やバスルーム外で行われるヘアケアのことです。
 
インバスケとアウトバスケアはヘアケアにおいて、欠かせない大切なものです。
 
 

インバスケで髪に潤いを

 
インバスケアの内容は、
 
  • シャンプー前のオイルパック
  • シャンプー
  • トリートメント
 
この3つです。
 
インバスケアが髪の毛に大切な理由として、髪や頭皮の状態が、インバスケアで大きく変化するからです。
髪や頭皮には必要な油分や水分が含まれていますが、逆に脂質や細菌もあるためそれらが髪や頭皮の状態を悪くしてしまうと言われています。
 
そのため、インバスケで髪や頭皮を良い状態に持っていくことが必要なのです!
 
インバスケは髪の毛が濡れているの状態なので、キューティクルが開いた状態でケアが行えます。
髪や頭皮の奥まで浸透させることができたら、傷んでしまった髪の毛にも栄養を届けることができるのではないでしょうか。
 

シャンプー前のオイルパック

手のひらにオイルをのばし、乾いた髪にオイルをしみこませます。
毛先部分は、パサつきなどの乾燥対策にいいかもしれませんね。
髪の毛にオイルをしみこませたら、乾いたタオルで髪を包み10分程度そのままにして浸透させます。
10分程度浸透させたらお湯で洗い流してください。
 

シャンプー

シャンプーを手のひらに取りしっかりと泡立てたら、頭皮を中心に優しく揉みこみ、汚れを落としていきましょう。
洗い終わったらお湯で綺麗に落として下さい。
 

トリートメント

手のひらにトリートメントを出し、髪の毛全体に優しく揉みこみます。
揉みこんだら、蒸しタオルで包み5分程度置いておきます。
5分程度たったらお湯で優しくきれいに落としましょう。
 
 

アウトバスケアで綺麗な髪を

 
お風呂
 
アウトバスケアの内容は、
・ヘアドライヤーなどのブロー
・洗い流さないトリートメント
この2つです。
 
髪の毛が一番ダメージを受けるのは日中の紫外線です。
お風呂のあとで行うアウトバスケアの他に、日中でもできるアウトバスケアと組み合わせて、髪の毛をダメージから守っていきましょう。
 
 

ヘアドライヤー

ドライヤーで髪の毛を乾かす場合は、頭皮から20㎝以上は話してください。
熱で地肌にダメージを与えてしまいます。
 
ドライヤーを動かし、まんべんなく髪の毛に熱を当てて乾かしていきましょう。
 
しかしドライヤーの当てすぎも、髪の毛に潤いを与えたのに乾燥の原因となってしまいます。
温風と冷風を使い、ある程度乾いてきたら冷風で乾かしてみて下さい。
 
またブラシを使ってドライヤーをかける際は、髪の毛の根元から毛先に向かい上から風を当てていくと、
髪の毛の流れを整え、キューティクルにもツヤがでるはずです!
 

洗い流さないトリートメントで髪に潤いを

日差しが強い日中の紫外線。顔や腕などには日焼け止めを塗りませんか?
髪の毛にもひと手間加えてみてください。
あなたが思っている以上に、髪の毛に負担が掛かっているかもしれません。
 
トリートメントもどれでもいいわけではなく、あなたの髪質で選ぶのがベストです!
 
 
要点まとめ
  • 髪の毛の乾燥のお悩み・・・保湿力が高いトリートメント
  • 髪質が柔らかいのがお悩み・・・ハリやコシ感がupできるトリートメント
  • 髪の毛が絡まるお悩み・・・キューティクルケアができるトリートメント

 

 
というように、あなたの髪にあったトリートメントを選べるといいですね☆
 
 
トリートメントもいろんなタイプや種類があって、どれを選べばいいのか難しいですよね。
今回はそちらも少しだけご紹介します◎
 
 

トリートメントも髪質にあったものを使って綺麗な髪の毛を!

 
 
 
ドラッグストアに行って、ヘアケアコーナーを見るとたくさんおいてあって迷っちゃう…
種類ごとの効果や役割が分かると、少しは選びやすいですよね!
 
 
 

トリートメントの種類(洗い流さないトリートメント)

  • オイルタイプ
  • ミストタイプ
  • ミルクタイプ
  • ジェルタイプ
  • スプレータイプ
 
これらのタイプのトリートメントを髪質で使い分けるのです!
 

オイルタイプ

トリートメントの定番!!オイルタイプです!!
主に、ドライヤーやアイロンの熱から髪の毛を守ってくれます。
髪の毛を補修というよりは、熱からの耐熱性や保湿性がメインと言われています。
 
 

ミストタイプ

主に、成分美容液やたんぱく質が多く含まれていて、髪の毛の補修成分が主な役割と言われています。
成分が水に溶けているので、髪の毛への浸透力が高いです。
 
ミストタイプは成分が水に溶けているため、熱への耐久性は弱いです。
そのため、オイルタイプと併用して使うのがオススメですよ☆
 
 

ミルクタイプ

スタイリング剤として使われるのが多いのではないでしょうか。
主に、シリコンやポリマーといった保湿力の高い成分と髪の毛に必要な成分を配合しているものが多く、
保湿力が高く、髪の毛の質感をupしてくれると言われています。
 
 

ジェルタイプ

油分が多いのが特徴です。
こちらもシリコンやポリマーが多く含まれているので、髪の毛をコーティングしてくれると言われています。
 
 

スプレータイプ

こちらはオイルタイプと特徴がにています。
 
 
やっぱりよくわからない…というかたもいると思います。
もし迷ったら、定番の「オイルタイプ」の洗い流さないトリートメントから使い始めることをおススメします!
 
 
 

インバスケとアウトバスケアで目に留まる髪の毛を

 
髪
 
女性にとって髪の毛は命ともいえるのではないでしょうか。
素敵女子の特徴として、「三つの先を綺麗にする」という言葉があります。
三つの先とは
  • 毛先
  • 指先
  • 足先

この三つを綺麗にすることです。

 「三つの先」に関してはこちらをチェック↓

あわせて読みたい
万歳,女の子,ロングヘア,外,アウトドア,夏,海,川
素敵女子には共通の習慣がある!これであなたも憧れの女性にHi!MIKAです。 今回は、男性だけでなく女性にも憧れられるような素敵女子の秘密を調べてみました。 周りにいる素敵な女子には共通す...
 
折角髪の毛を綺麗にしていても、毛先がバサバサだと綺麗には見えません。

 
インバスケとアウトバスケアで、あなたも目に留まる髪の毛で、素敵女子を目指してみませんか?