UVケア

顔用UVケアのおすすめをご紹介!敏感肌~市販の激安人気商品まで

普段はあまり外出をしないという人でも、夏になれば日焼け止めを1つは持っているという方も多いのではないでしょうか。しかし日焼け止めは、シーンに合わせて使い分けることも大切なんです。今回は、顔や体用のUVケア商品のオススメをご紹介します。

敏感肌用のものから、市販されている安くて人気な商品までご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

なぜ日焼け止めが大切なのか

肌が黒く焼けてしまうから、という理由で日焼け止めを使っているという方が多いと思いますが、日焼けによるダメージはそれだけではありません。紫外線を浴びることによって、肌が乾燥し、肌荒れを起こす原因にもなります。また、紫外線によって作られた余分なメラニン色素が、ターンオーバーでは排出されずに肌に残ってしまい、シミになってしまうこともあります。

白い肌を保ちたい人だけではなく、きれいな肌を保ちたいと思っている人にも、日焼け止めは必須アイテムです。

正しいUVケア方法

日焼け止めは、夏場に1つしか購入しないという方も多いと思います。以前は私もそうでした。しかし、暑い日にしっかり日焼け止めを塗っていたつもりでも、夏が終わると、肌がなんだか乾燥していたり、焼けてしまっていたという経験はありませんか?

実は、室内にいても紫外線は浴びてしまっているのです。また、普段の洗濯物を干したり、買い物に少しでかけたりするだけでも、紫外線を浴びています。一番注意したいのが、曇や雨の日でも、紫外線は降り注いでいるということです。

正しいUVケアの方法については、こちらも参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
uvケアとは
間違いだらけ!?紫外線の真実と正しいUVケアとは紫外線を浴びると、日焼けしてしまう、そして肌に良くないということは知っている人も多いでしょう。では、なぜ紫外線は肌に悪いのでしょうか? ...

【シーンやお悩み別】日焼け止め12選

日焼け止めは、使うシーンや、自分の肌にあったものを使うことが大切です。普段から、レジャー用の効果の高いものを使っていると、それだけ肌への負担も大きくなってしまいます。そのため私も、普段使い用とレジャー用を使い分けています。自分にあった日焼け止めを探してみましょう。

普段使い用の日焼け止め

日焼け止めの効果もしっかりあり、肌への負担も少ない、普段使い用の日焼け止めをご紹介します。普段から外出することも多いという方はSPF30くらい、普段はあまり外出しないという方は、SPF10~20くらいのものを選ぶと良いでしょう。

キュレル UVクリーム

SPF30・PA++

セラミドの働きを補いながら、紫外線から肌を守ってくれます。また、乾燥性敏感肌を考えた、ベタつかないのにしっとりした使用感。顔用の日焼け止めで、ファンデーションののりも良くしてくれるので、化粧下地としても最適。

カントリー&ストリーム UVウォータリージェル N

SPF32・PA+++でしっかり紫外線対策ができ、子どもも使用できます(メーカー4歳以上推奨)。肌に塗ると水に変わるウォータージェルなので、サラサラとした使用感。オーガニックの保湿成分が8種類も配合されています。

アクセーヌ マイルドサンシールド

保湿成分であるヒアルロン酸Naなどが、保湿UVカット膜を形成し、紫外線をカットしてくれます。また、セラミドが、乾燥が気になる部分を整えてくれるので、化粧のりも良くなります。使用量が1~2プッシュ程なので、化粧下地にも最適。

レジャー用日焼け止め

NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル

詳細ページ公式ページ

SPF50・PA++++

“海でも焼かない”にこだわった日焼け止めジェル。水に濡れても再乳化しないので、ジェルが水に流されにくく、とても水に強い日焼け止めです。日焼け止め効果が高いのに、パラベン・香料・アルコール・着色料・鉱物油・界面活性剤の6つが不使用で、肌に優しいジェルです。ジェルタイプはのびがいいので、化粧下地にも最適。

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

汗や水に増えるとUVブロック膜が均一になるアクアブースター技術と、対こすれ機能で、水に触れても取れにくい。保湿、美容、整肌成分などのスキンケア成分が50%配合。ウォータープルーフだけではなく、砂が肌につきにくいサンドプルーフ採用なので、海でも使いやすい。さわやかなシトラスソープの香り。

ポーラ B.A プロテクター

紫外線や近赤外s年から肌を守りながら、潤いを与えてくれる、日中用エイジングケアクリーム(エイジングケア:年齢に応じたお手入れ)。濃密なクリームですが、白浮きせず、みずみずしく広がり、馴染みます。香りは、イランイラン・ブラックバニラ・ブラックペッパーの3つの天然香料で、女性に人気です。

子どもも使える敏感肌向け日焼け止め

日焼けが気になるから、しっかり紫外線を防げる日焼け止めを使いたいけれども、子どもにも使えるものがほしい、敏感肌にも優しいものがいいという方におすすめの日焼け止めをご紹介します。

soleo ソレオ オーガニックス

詳細ページ公式ページ

SPF30+・PA++の高SPFで白く残らない透明感があります。(紫外線対策の先進国、オーストラリアでは高い防止効果が効率よく得られるSPF30が最大値に定められています)14種類のオーガニック保湿成分で、紫外線ダメージで乾燥しがちな肌を保護してくれます。肌に優しいノンケミカル処方で、小さなお子様や敏感肌の方にもおすすめです。(メーカー推奨、生後6ヶ月以上のお子様)

ユースキンS UVミルク

保湿力の高いハンドクリームで知っているかたも多い「ユースキン」から出ている、敏感肌のことを考えて作られた日焼け止めです。肌に優しく、UVケアもできるので、肌への負担が気になる方におすすめです。

こども用日やけ止め乳液 サンスクリーンミルク

こだわりの原料を選び縫い、保存料や合成着色料など肌に負担のかかる成分は控えて作られているハイム化粧品から出ている、日焼け止めです。乳液タイプで肌なじみも良い。石けんできれいに落とすことができるので、お子様にも安心。

飲むタイプの日焼け止め

飲むタイプの日焼け止めがあるってご存知でしたか?日焼け止めサプリメントを飲むことで、体の内側からUVケアをすることができるのです。日焼け止めサプリメントには、紫外線を防御する働きがあると科学的に認められている成分が配合されています。おすすめしたい商品がたくさんあるのですが、今回は3つに厳選してご紹介します。

インナーパラソル16200

詳細ページ公式ページ

普段通りの野外行動でも、インナーパラソルを摂取すると、美容効果に改善が見られる。医学誌にも掲載歴あり。定期購入で、人気のサプリメントケースも無料プレゼント。海外セレブにも注目されており、雑誌「GLITTER」にも掲載されました。紫外線対策をしたいけど、面倒なケアはしたくないという方におすすめ。

REBLANC COAT ~リブランコート~

REBLANCCOART(リブランコート)美白訴求

詳細ページ公式ページ

初回75%OFFで、全額返金保証付きなので安心。何度も塗り直す手間や、ベタベタ感がないく、強い日焼け止めを使わなくても良い。服で隠れている部分もケアできる。スーパーフード6種類配合。

WHITE VEIL~ホワイトヴェール~

詳細ページ公式ページ

一日2粒飲むだけ。日本製なので安心・安全。90日間全額返金保証付き。世界の様々な雑誌に取り上げられました。楽天ランキングの様々なジャンルで1位を獲得。まとめて購入で、外からのUVケアもできるジェルもプレゼント。

効果的な日焼け止めの使い方

寝る,お昼寝,女の子,夏

自分の肌にあった日焼け止めを見つけたら、正しく効果的に使いましょう。

容量を守って塗る

まず大切なのは、購入した日焼け止めのメーカーが推奨している容量を守って使用することです。日焼け止めがベタついたり、白く残ったりするのを恐れて、推奨されている容量より少なく塗ってしまっていることがよくあります。少なければ、十分な日焼け止めの効果を得られません。

最近日本で販売されている日焼け止めであれば、サラサラと肌触りがよく、伸ばしやすいものがほとんどです。たっぷりと手に取り、十分に肌全体に伸ばすようにしましょう。

3~4時間おきに塗り直す

日焼け止めの効果は、塗ってから30分後頃から発揮されます。また、時間が経てばその効果は薄れてしまうので、3~4時間おきに塗り直すと良いでしょう。日焼け止めを塗った後に、汗をかいたり、服にこすれたりすることも考えられます。レジャーなどで、日差しが気になるときは、もう少し短い間隔で塗り直すと良いでしょう。

シーンに合わせて使い分ける

日焼け止めは、シーンに合わせて使い分けることが大切です。日差しの強い日は、レジャー用でおすすめしている商品のように、SPF・PA値が高いものを使用することで、紫外線対策をしましょう。普段から、レジャー用の日焼け止めを使ってしまうと、肌への負担も多くなってしまい、肌荒れの原因になってしまいます。

また、日焼け止めを使った日は、お風呂できちんと洗い流し、保湿をすることが大切です。いくら日焼け止めを塗っても、100%紫外線を防ぐことができるわけではありません。紫外線を浴びると、肌が乾燥してしまうので、しっかりと保湿するようにしましょう。日焼け止めの成分が肌に残ったままになってしまうと、肌荒れの原因になるので注意しましょう。

UVケアグッズを併用する

UVケアグッズを併用することで、さらに効果を期待できます。日焼け止めを塗った上で、日傘をさしたり、帽子をかぶったりすると良いでしょう。また、紫外線予防をした上で、保湿などのダメージケアをするのも良いでしょう。

【まとめ】自分にあったUVケアで健康的な美肌に

若いうちは、肌のターンオーバーが活発だから大丈夫と思っていると危険です。紫外線を浴び続けると、シミの原因になります。自分の肌にあったUVケア商品で、正しいUVケアをおこなうことで、健康的な美肌を目指しましょう。

ABOUT ME
mika
mika
好きなことで生きるをモットーに、興味があることを発信中。ゲームが大好きな、ひきこもりフリーランス。23歳。