UVケア

間違いだらけ!?紫外線の真実と正しいUVケアとは

uvケアとは

紫外線を浴びると、日焼けしてしまう、そして肌に良くないということは知っている人も多いでしょう。では、なぜ紫外線は肌に悪いのでしょうか?

UVケア商品は、日焼け止めや日傘をはじめ、さまざまな商品が販売されています。しかし、そもそもUVとはどのようなものなのか、きちんと理解していない場合が多くあります。

今回は、UVとはどんなものなのか、わかりやすくご説明します。そして、正しいUVケア方法もご紹介します。正しいUVケアで、きれいな肌を手に入れましょう。

UVケアとは

寝る,お昼寝,女の子,夏

正しいUVケアをするためには、UVとはどんなものかを理解することが大切です。UVとは、紫外線のことですが、その中にもUV-AとUV-Bの2つがあることはご存知でしたか?まずは、それぞれの特徴と、肌へ及ぼす影響をご説明します。

ガラスもすり抜けてしまうUV-A

紫外線の中でも波長が長いものを「UV-A」と言います。これは、生活紫外線とも言われていているように、普段、普通に生活しているだけでも浴びてしまっている紫外線です。ベランダで洗濯物を干したり、近くのスーパーに行くなど、外に出ている間はもちろんですが、部屋の中にいるときも浴びています。

UV-Aは、ガラスをすり抜けてしまうので、窓を閉め切って室内にいても、浴びてしまうのです。しかし、自分では感じることのできないほど、軽い日焼けで住むので、肌のターンオーバーにより、もとに戻ることがほとんどです。

もとに戻ると言っても、どんどん積み重なっていってしまうと、シワやたるみの原因になります。ガラス越しだからと言って、長時間浴びることのないように注意しましょう。

日焼け止めなどに表記してある「PA」は、このUB-Aを防ぐ”強さ”を表しています。PAは+(プラス)~++++(フォープラス)までの4段階で表記されます。

シミの原因になるUV-B

紫外線の中で、波長が短いものを「UB-B」と言います。これは、冬が終わった頃から夏にかけて増加するもので、非常に強力です。UB-Bを浴びすぎると、皮膚がんになる恐れもあります。UB-Bを浴びると、肌が乾燥し、肌荒れを引き起こします。肌が黒くなって日焼けしたと感じるのは、ほとんどが、UB-Bが原因です。

紫外線を吸収してくれる役割があるのがメラニン色素ですが、日本人はこの色素がもともと少ないのです。そのため、日本人は紫外線にはあまり強くありません。

「メラニン色素」と聞くと、シミに原因になるものと知っている方も多いのではないでしょうか。メラニン色素は肌を守ってくれるのに、シミを作ってしまうとはどういうことなのでしょうか。紫外線を浴びると、メラニン色素は肌を守ろうとして活動を始めます。しかし、紫外線を浴びすぎると、メラニン色素を作り出す細胞が暴走をして、過剰に作り出してしまいます

年齢の若いうちは、肌のターンオーバーにより、過剰に作り出されたメラニン色素も排出することができるのですが、年を重ね、ターンオーバーのサイクルが乱れてきてしまうと、余剰なメラニン色素が残ってしまい、これがシミになります。若いうちから、UB-Bを浴びすぎないように注意しましょう。

日焼け止めなどに表記してある「SPF」は、UV-Bを防ぐことのできる“時間”を表しています。数値が高いもののほうが、長時間UB-Bを防ぐことができますが、肌への負担も大きくなります。

肌の老化を食い止めるUVケア

紫外線による肌へのダメージを「光老化」と言います。そして、肌の老化の約90%が、この光老化が原因と言われているのです。つまり、肌の老化を防ぐためには、UVケアが大切ということです。

また、光のダメージは肌だけではありません。日本人がよくダメージを受けているのは、髪の毛です。外出が続いた日の後や、強い日光を長時間浴びてしまった日の後に、髪がカサカサしていたことはありませんか?髪の毛にも正しいUVケアをしましょう。

意外と見落としがちなのが、目のUVケアです。紫外線が目に与えるリスクは、充血させてしまったり、白目が黄ばんでしまうこと、そして老眼を促進させてしまうなど、様々です。目の紫外線対策グッズも多く販売されているのでチェックしてみましょう。

【部位別】正しいUVケアの方法

手,日焼け止め

UV(紫外線)とはどんなものなのか、理解できたところで、早速、正しいUVケアの方法をご紹介します。顔、髪の毛、目、唇、手足の5つに分けて、それぞれご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

顔のUVケア

一番気になるのが、顔のUVケアですよね。化粧水や化粧下地に”日焼け止め成分配合”などと、書かれているものもたくさん販売されていますが、しっかり日焼け止めをしたいのであれば、分けることが必要です。あくまで”日焼け止め成分配合”なので、日焼け止めの効果を十分に感じることが難しいためです。

顔のUBケアで一番大切なが、日焼け止めを塗る順番(タイミング)です。私がおすすめする順番は、「化粧水→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→その他メイク」です。

化粧水や乳液は、肌を保湿してくれるものなので、日焼け止めの後に塗ってしまっては、効果が薄くなってしまいます。また、化粧下地はファンデーションのノリを良くしてくれる効果があります。そのため、化粧下地の後に日焼け止めを塗ってしまうと、化粧がヨレてしまったり、崩れやすくなる原因になります。

顔のUVケアで次に大切なのが、日焼け止めを塗る量です。顔がベタベタになるのを避けるために、少なめに薄く塗ってしまっていませんか?日焼け止めに表記されているPAやSPFの値は、規定の量を塗布して得られる数値です。少なめに塗ってしまっては、効果が薄れてしまいます。推奨されている量を守って使用しましょう。

髪の毛のUVケア

日光を浴びた後の、髪のカサカサが気になるけど、髪の毛のUVケアってどうしたらいいんだろう…髪の毛に日焼け止めを塗るわけにはいかないし…

と思ったことはありませんか?髪の毛も、肌と同じようにUVによるダメージを受けます

実は、髪の毛用の日焼け止めの多く販売されています。私がおすすめするのは、スプレータイプの日焼け止めです。スプレータイプなら、髪の毛の長い方でも簡単に全体にかけることができます。私が、腰ぐらいまであるロングヘアなので、大変重宝しています。

スプレーが苦手という方には、オイルタイプのトリートメント効果のある日焼け止めもあります。髪の毛のカサカサが気になるという方には、オイルタイプの日焼け止めが効果的です。

“頭皮用の日焼け止め”というものも販売されているようなのでチェックしてみましょう。

あわせて読みたい
髪の毛にもUVケアを!正しい方法とおすすめのUVケア商品を紹介夏本番!降り注ぐ紫外線は、顔や手足だけではなく、髪の毛にもダメージを与えてしまっています。外出後、髪がパサついているなと思ったり、髪の毛...

目のUVケア

意外と忘れがちなのが、目のUVケアです。顔や手足などのUVケアに比べて、目のUVケアをしている人は、とても少ないというデータも出ています。そして、目のUVケアをしていない理由としては、「どうしたらいいのか分からない」という人が半数を占めているのです。

日本人は、欧米人と比べると、瞳の色が濃いので、眩しさを感じにくいという特徴があります。眩しいと思わなくても、紫外線は浴びてしまっているので注意が必要です。

目のUVケアをする方法は大きく分けて2つあります。1つ目は、サングラスを着用することです。サングラスは目に入ってくる紫外線そのものをカットしてくれるので、非常に効果的です。サングラスをするのは少し恥ずかしい…という方には、あまり色の濃くない、UVカット加工されたメガネも販売されているので、試してみてはいかがでしょうか。

2つ目は、紫外線で角膜が受けたダメージをケアしてくれる目薬を使用することです。角膜が受けたダメージをそのままにしてしまうと、目の病気になってしまう危険もあります。また、サングラスを使用していても、すべての紫外線をカットできるわけではありませんし、一日中ずっとサングラスをしているわけにもいきませんよね。目のUVケアには、サングラスとダメージケアの目薬を併用することをおすすめします。

唇のUVケア

夏なのに、唇がカサカサしてしまっている…と思ったことはありませんか?実は、紫外線が原因かもしれません。唇は、外部からの刺激などから防御する機能が弱いので、紫外線を浴びすぎてしまうと、唇が乾燥して皮がむけてしまったり、ガサガサしてしまったりします。

唇は、物を食べたり、人と話したりなど、よく動かす部分でもあるので、こまめにUVカット効果のあるリップクリームを塗り直したり、保湿することが大切です。しかし、リップクリームが合わなくてカサカサしてしまうことも多くあるので、自分にあったリップクリームを探してみましょう。

手足のUVケア

手足のUVケアは外出するときはしているという方も多いのではないのでしょうか?しかし、前述したように、家にいる間でも紫外線を浴びてしまっていることがあります。できれば、起きて、お化粧をした後などのタイミングで手足もUVケアをするといいでしょう。

もし外出する予定がないのであれば、SPF10・PA+など、あまりUVカット効果は高くありませんが、肌への負担が少ないものを選ぶと良いでしょう。また、日常的に使うものであれば、石鹸で落とせるタイプがおすすめです。

あわせて読みたい
顔用UVケアのおすすめをご紹介!敏感肌~市販の激安人気商品まで普段はあまり外出をしないという人でも、夏になれば日焼け止めを1つは持っているという方も多いのではないでしょうか。しかし日焼け止めは、シー...

【要注意!】UVケアが必要な時期

紫外線が一番強いのは、日差しが強い7・8月だと思っていませんか?また、晴れている日だけUVケアが必要だと思っていませんか?実は、ほぼ一年中UVケアが必要なのです。

日差しの強い夏だけではNG

UVケアは3月ころからしなければいけないと言われています。それは、紫外線の少ない2月ごろにターンオーバーによりできた肌が、紫外線の強くなってくる3月ごろからダメージを受け始めるためです。

太陽が見えていなくても、あまり気温が高くなくても、紫外線は浴びてしまっています。UVケアは早め早めに行うようにしましょう。

実は6月が一番日焼けしやすい!?

実は1年の中で6月が一番日焼けをしやすいというのはご存知でしたか?6月は、雨や曇りの日が多く、紫外線があまり強くないように思います。しかし、曇の日でも、晴れの日の60~80%、雨の日でも30%程は降り注いでいます。

6月、雨の日、曇の日だからといって、何もUVケアをせずに外出すると、日焼けしやすいのです。また、曇の日に、雲の間から射している光には要注意です。雲の中で光が乱反射して、光を増幅させ、晴れている日よりも、紫外線が強くなってしまっていることもあるのです。

雨の日や曇の日でも、UVケアを忘れないようにしましょう。

【まとめ】効果的な日焼け止めの使い方

それぞれのUVのケア方法については、理解できましたでしょうか。それでは、効果的な日焼け止めの使い方についてまとめます!

3~4時間おきに塗り直す

日焼け止めは、UVをカットできる時間に限りがあります。また、汗をかいたり、服で擦れたりしてしまうと、しっかり塗っても、薄くなってしまいます。目安としては、3~4時間おきに塗り直すと良いでしょう。

もし、汗をかいたなと思ったときは、汗を拭き取ってから塗り直したり、日差しが強いのが気になるときは、もっとこまめに塗り直すと良いでしょう。こまめに塗り直すことで、日焼け止め効果がを持続させることができます。

使用量を守って塗る

日焼け止めの効果的な使い方として次に大切なのが、容量を守って使用することです。最近販売されている日焼け止めは、サラサラしていて、伸びが良いものが多いためか、メーカーが推奨している容量よりも少なく塗ってしまっていることがあります

塗る前に確認し、きちんと必要な量を塗るようにしましょう。塗っている量が少ないと、日焼け止めの効果を十分に感じることができません。

また、真夏の海などに行くときは、きちんと隅々まで塗れているかチェックするようにしましょう。私が一昨年海へ行ったとき、水着と日焼け止めを塗った範囲に隙間があり、腰のあたりが一直線に日焼けしました(笑)一年くらいは薄く日焼けした後が残ってしまっていたので、注意が必要です。

日焼け止めを使うときは、広めに、多めに塗るように意識すると良いでしょう。

UVケアグッズと組み合わせる

日焼け止めは日傘や、つばの広い帽子、アームカバーなどの、UVケアグッズと組み合わせることで、効果が飛躍的に上がります。日差しの強さが気になるときは、日焼け止めを塗っった上で、日傘をさすと良いでしょう。

また、短時間の移動で外に出るときなどは、日焼け止めの肌への負担を考えても、UVケアグッズを使うことをおすすめします。

環境に合わせたSPF・PA値のものを使う

日焼け止めは、SPF・PA値が高いもののほうが、日焼け止め効果は高いのが事実ですが、その分肌への刺激も強くなってしまいます。普段の、洗濯物を干したり、近所のスーパーへ出かける程度の外出であれば、SPF10・PA+くらいのものを使いましょう。

外に出ている時間が長いときなどは、SPF20~30・PA++~+++位のものがおすすめです。マリンスポーツをするときには、SPF50・PA++++がおすすめです。

海外製のもので、SPF100などと記載のある商品が販売されていますが、日本国内で一番紫外線の多い場所でも、必要なSPF値が約50であることから、日本にいるのであれば、SPF50を超えるものは、必要ないでしょう。

環境に合わせたSPF・PA値のものを使うことが大切です。

正しいUVケアでシミ予防!

サングラス,女性,

UVとはなにかから、正しいUVケアの方法、日焼け止めの選び方まで、ご紹介しました。環境にあったもの、自分にあったものを探してみてくださいね。

しっかり落とすまでがUVケア

日焼け止めは、しっかり落とすまでがUVケアです。家に帰り、お風呂に入ったときは、しっかり日焼け止めを洗い流すようにしましょう。日焼け止めの成分が肌についたままにしておくと、肌荒れを起こす原因になってしまいます。

保湿もしっかりする

お風呂から上がった後には、保湿もしっかり行いましょう。日焼け止めでも、完璧に日焼けを防止できるわけではありません。肌が日焼けをしてしまうと、乾燥している状態になります。肌をきれいにしたあとは、ボディクリームなどでしっかりと保湿しましょう。

もし日焼けしたと思ったら冷やす

もしうっかり、日焼けをしてしまったときは、日焼けした部分を冷やすようにしましょう。もし、赤く腫れてしまったり、皮膚の様子がおかしいと思ったときは、冷やすだけにして、日焼けをした部分には何も塗らずに、皮膚科を受診しましょう。ひどい日焼けは、やけどのようなものです。ひどくならないうちに、皮膚科を受信するようにしましょう。

ABOUT ME
mika
mika
好きなことで生きるをモットーに、興味があることを発信中。ゲームが大好きな、ひきこもりフリーランス。23歳。